Safe-Lock™: 機械産業での荒加工

これまでの問題点:

・低い切粉排出量(特に荒加工)

・切削工具の低い寿命

・高価なチタンやアルミ加工物がスクラップ

・他のシステムによる加工テストで失敗:ミーリングチャック、プレスフィットチャック、油圧チャック、強化シュリンクフィットチャックでは高い把握力にもかかわらず、切削工具の抜けを防ぐことは出来なかった

・結果として、ホイッスルノッチ/ウェルドンのみを使用

 

今後の狙い:

・切粉排出量の向上(特に荒加工)

・切削工具の寿命の延長

・工程信頼性を高め、高価な加工物のオシャカを防止

加工: チタンの荒加工

加工物: チタン合金製の重要航空機部品(Ti6Al4V)
機械: 門型フライス盤
主軸端: HSK-A100
ホルダー: HAIMER社製シュリンクフィットチャックSafe-LockTM付きФ32mm、A=120mm
荒加工、仕上げ加工: 超硬ソリッドエンドミル(コーティング有り/無し)有効切削長 83mm

結果:

  • 切削工具は全てのテストでSafe-Lockによって確実に把握されており、全体の加工工程を通じて少しも動いていなかった。
  • 工具が抜け出る危険性は全くなかった。
  • 工具寿命は倍以上に延びた。
  • ウェルドンサイドロック方式と違い、荒・仕上げ加工を通じて振動がなく、ビビリ跡は見られなかった。
  • 切粉排出量が30%向上したことにより、大幅な生産性の改善が見られた。

 

 

警戒リスト