スティープテーパーJIS (MAS 403) BT30/BT40/BT50

スティープテーパーJIS (MAS 403) BT30/BT40/BT50

世界で最も使用されている、JIS B 6339規格のツールシャンクです。剛性があり、重切削にも適しています。スピンドルにツールホルダーをクランプする場合、必ずプルスタッドボルトが必要になります。プルスタッドを引き上げる動作により、ホルダーテーパ部が主軸テーパ部に接触し、求心が行われます。1面拘束で主軸回転数 約12,000min-1までの加工にこのJIS B 6339規格のテーパーは適しています。


仕様規格:JIS B 6339

スティープテーパー BT30

JIS (MAS403) BT30 technical drawing
  • 表面硬度:HRC 58~60
  • 引張強度:950 N/mm2以上
  • テーパー精度:AT3
  • テーパー角度:8°17'50'' +5''
  • データチップ用穴無し
  • クーラントADB方式:センタースルー(AD方式)、フランジスルー(B方式)
BT30 D1 D2 D3 D4 L1 L2 L3 T B1 B2
[mm] 37,75 12,5 46 42 48,4 22 13,6 M12 16,1 16,3

スティープテーパー BT40

JIS (MAS403) BT40 technical drawing
  • 表面硬度:HRC 58~60
  • 引張強度:950 N/mm2以上
  • テーパー精度:AT3
  • テーパー角度:8°17'50'' +5''
  • データチップ用穴無し
  • クーラントADB方式:センタースルー(AD方式)、フランジスルー(B方式)
BT40 D1 D2 D3 D4 L1 L2 L3 T B1 B2
[mm] 44,45 17 63 59 65,4 27 16,6 M16 16,1 22,6

スティープテーパー BT50

JIS (MAS403) BT50 technical drawing
  • 表面硬度:HRC 58~60
  • 引張強度:950 N/mm2以上
  • テーパー精度:AT3
  • テーパー角度:8°17'50'' +4,5''
  • データチップ用穴無し
  • クーラントADB方式:センタースルー(AD方式)、フランジスルー(B方式)
BT50 D1 D2 D3 D4 L1 L2 L3 T B1 B2
[mm] 69,85 25 100 95,5 101,8 38 23,2 M24 25,7 35,4

クーラント供給:JIS B 6339

JIS B 6339規格では3種類のクーラント供給方法があります:

JIS (MAS 403) BT30/BT40/BT50 possibilities of internal coolant supply

 

  • A方式:外部クーラント
  • AD方式:スピンドルからプルスタッドを通してセンタースルー冷却センタースルー用プルスタッドが必要になります。
  • B方式:スピンドルからフランジを通してフレンジスルー冷却シール付きプルスタッドが必要になります。

「DIN 69871」に準拠するHAIMER社製のツールホルダーは、通常ADB方式の冷却に対応しています。

ADB冷却方式とは:HAIMER社製ツールホルダーには通常「AD方式」及び「B方式」の冷却に対応していますご注文時にご要望が無い場合は、「AD方式」の状態で、また「B方式」の穴は専用の埋め栓を装着して出荷します。


冷却を「B方式」に変更する場合は装着している埋め栓の固定ネジを半分まで緩め、その後プライヤー等で埋め栓ごと引き抜いて下さい。付属品カタログに記載している埋め栓セット(固定ネジ、埋め栓)をご参照下さい。

注意!:埋め栓を取り外した場合、新しい埋め栓をご使用下さい

 

警戒リスト