あらゆる加工に対して適切なツールホルダーを

HAIMERパワーシュリンクチャックを使用した高速加工HSC

切削加工のあらゆる分野や使用時において、工具把握についてさまざまな特殊な要求があります。

高速切削から重切削までさまざまな領域に及びます。

 

HAIMER社はあらゆる特殊な要求に応じた適切なツールホルダーや把握方法を提供いたします。

また、私達はお客様に適切且つ良い商品を提供するために、毎年総売上高の約10%を研究開発に投資しています。

 

私達はお客様に対して継続的に良い商品を提供し、同業他社に対する優位性を持続するためのサポートを先ず第一に考えています。

私達はお客様がHAIMER社製品で常にメリットを見出して頂けることを望んでいます。

スティープテーパー DIN69871 SK30/SK40/SK50

スティープテーパーDIN 69871 SK30/SK40/SK50

世界で最も使用されている、DIN69871規格のツールシャンクです。剛性があり、重切削にも適しています。スピンドルにツールホルダーをクランプする場合、必ずプルスタッドボルトが必要になります。プルスタッドを引き上げる動作により、ホルダーテーパ部が主軸テーパ部に接触し、求心が行われます。1面拘束で主軸回転数 約12,000min-1までの加工にこのDIN69871規格のテーパーは適しています。


スティープテーパーJIS (MAS 403) BT30/BT40/BT50

スティープテーパーJIS (MAS 403) BT30/BT40/BT50

世界で最も使用されている、JIS B 6339規格のツールシャンクです。剛性があり、重切削にも適しています。スピンドルにツールホルダーをクランプする場合、必ずプルスタッドボルトが必要になります。プルスタッドを引き上げる動作により、ホルダーテーパ部が主軸テーパ部に接触し、求心が行われます。1面拘束で主軸回転数 約12,000min-1までの加工にこのJIS B 6339規格のテーパーは適しています。


DIN 69893 HSK-A, HSK-E, HSK-F

DIN 69893 HSK-A, HSK-E, HSK-F

DIN 69893 HSKテーパーは高精度、高剛性、高速対応化に伴い開発されました。中空テーパ部の弾性変形により、フランジ端面とテーパ部が同時に接触します。これにより2面拘束で把握され、スピンドル上での求心及び、位置決めが高精度に行われます。DIN 69893-1 HSK-Aテーパーではテーパ部のドライブキー溝によりトルク伝達が行われます。DIN 69893 HSK-A/HSK-E/HSK-Fテーパーは主に高速回転用機械に適したテーパーです。


ISO 26623 HAIMER CAPTO™ C6

ISO 26623 HAIMER CAPTO™ C6

ISO 26623(CAPTO™ C6)は最高の精度を携えた革新的なツーリングシステムで複合加工機では多く採用されているツールシャンクですポリゴン形状のツールシャンクによりトルク伝達及び求心が行われます。高い軸方向の位置決め精度と強いねじり剛性を兼ね備えています。


ここから HAIMER ツールホルダー全種のカタログをPDFでダウンロードできます。

  • ツールホルダーカタログ 日本語/英語

    シュリンクフィットチャック、コレットチャック、サイドロックホルダー(ウェルドン)など

    PDF // 15.4 M

HAIMER ツールガイド: ツールホルダーの技術の概要

  • ツールガイド

    HAIMERツールガイドでは、HAIMER社のデリバリープログラム及び特別なツールホルダーシステムのアプリケーション、技術的特徴を包括的に紹介しています。

    PDF // 1.2 M
警戒リスト