なぜ砥石のバランスを取るのか?

現代の工具砥石の可能性を最大に活かし、今日のスタンダードに従って効率よい製造を行うため、バランスのとれたツールとツールホルダーの使用が必須です。

高い毎分回転数により、バランスの取れていない砥石は品質、生産性共にマイナスの影響を与えてしまいます。

アンバランスが引き起こすこと

1. 表面の品質の低下 → びびり

2. 製品の寸法が不正確になる → ホイールの目立てのコストの増加

3. 特に激しい砥石の消耗 → 工具の寿命の減少

4. スピンドルヘッドの消耗 → マシンの休止の危険性 → 不要な修理 → 高価な検査

 

結果として、研磨のパラメーターが減じられ、生産性が減少します。

目立て ≠ バランシング

砥石の定期的、適正な目立ては正確な寸法の再建と最高の研磨の両方にとって重要です。

目立て、磨耗、倣削りにより、バランスの状態が常に変化するため、砥石のバランス取りが必須なのです!

警戒リスト